間違った毛処理法|ムダ毛の自己処理から卒業|脱毛すれば女性としての価値もグンとUP

ムダ毛の自己処理から卒業|脱毛すれば女性としての価値もグンとUP

ウーマン

間違った毛処理法

目を閉じる女性

毛の自己処理を行なうときに、自宅のバスルームでカミソリを用いている女性が多くいますが、バスルームにはたくさんの雑菌が潜んでいます。湿気があるところには雑菌が大量繁殖しやすく、カミソリにもそれが付着していることでしょう。カミソリの質が低いと、剃毛しながら肌の表面も削ってしまうので、乾燥肌になりやすいとも言われています。炎症や乾燥肌、またカミソリ負けなどの肌トラブルを未然に防ぐ為にも大分にある脱毛サロンに早いところ通い始めましょう。

大分にある脱毛サロンでは、施術を行なう前にレーザーを照射するパーツを綺麗に消毒してくれます。以前まで主流とされていたニードル脱毛は、一つ一つの毛穴に直接電気針を挿入するので施術中の痛みが大きかったものですが、レーザーにはそうした心配がありません。レーザーを照射する際には、ぱちっと輪ゴムで肌を弾いたような感触があるだけです。しかし、照射した後の肌は比較的デリケート状態になっているので、施術後に直接太陽光にあたらないよう気をつけましょう。すぐ紫外線の影響を受けると痛みが生じやすく、肌内部のメラニンが活性化するので、シミが増える可能性があります。白い肌と比較して黒い肌にはレーザーが通りにくいので、脱毛効果も薄れてしまうでしょう。大分の脱毛サロンに通う際には、効率よく脱毛を完了させる為に、脱毛中の注意事項をしっかり確認しておくことです。大分で脱毛を始める女性で、1年の中でも紫外線が弱まる冬に脱毛する人も少なくありません。